沿革history

検討の経緯

2001年3月に策定されたまちづくりの基本指針「新・いわき市総合計画」の中に、中心市街地における新たな文化ホールの整備が位置づけられたことを受け、同年4月、企画調整部内に「文化交流施設準備室」が設置されました。
その後、2年間におよぶ市民の皆さんとの協働体制による検討の中で、このホールは、「単に老朽化した平市民会館を建て替えるのではなく、本市における芸術文化の拠点として、また、あらゆる世代にわたる市民の交流空間として整備することにより、中心市街地の賑わいづくりや交流人口の拡大にもつなげることをミッションとする」という方向性が明確化されました。

劇場のスペックと事業手法

こうした方向性を踏まえ、2003年からは劇場設計・運営の専門家(劇場計画プロジェクトチーム/主宰:佐藤信氏)による具体的なスペックの検討を重ねる一方で、PFI方式という新たな事業手法による施設整備のプロセスに移行し、2005年から施設設計に、また、翌2006年からは建設工事に着手し、2008年4月8日の第1次オープンを経て、2009年5月2日にグランドオープンを迎えました。

沿革

2001年3月新・いわき市総合計画基本計画策定
4月企画調整部内に文化交流施設準備室発足
6月〜市民検討懇談会・ワーキングチーム設置
2002年3月懇談会から市長へ提言
5月市文化交流施設基本構想・基本計画策定(提言内容を反映)
5月〜翌3月市民企画運営準備会設置(懇談会+ワーキング委員の継続)
6月〜翌3月PFI導入可能性調査
2003年5月〜劇場計画プロジェクトチーム(TPT)設置
9月PFI実施方針策定・公表
2004年1月PFI特定事業選定(TPTの検討結果を要求水準書に反映)
3月〜8月PFI審査委員会による審査・優先交渉権者決定
12月PFI特定事業契約の締結(株式会社いわき文化交流パートナーズ)
2005年1月〜12月施設設計(平中央公園・音楽館改修設計を含む)
2006年1月〜建設工事
2008年4月第1次オープン(第1期工事竣工:07年8月末)
2009年5月グランドオープン(第2期工事竣工:08年12月末)
2013年5月開館5周年

共通フッター

PAGE TOP

本サイトの著作権(copyright)