カスケード交流コンサート vol.22
北谷直樹 チェンバロ on カスケード

  • 北谷直樹画像
日時
  • 〔昼の部〕 2014年10月21日(火) 12:15〜13:00(開場:11:45)
  • 〔夜の部〕 2014年10月21日(火) 18:30〜19:30(開場:18:00)
会場カスケード 
料金無料(予約不要)

プロフィール

北谷直樹(チェンバロ、在チューリッヒ)
青年時代からヨーロッパでニコラウス・アルノンクール、ヨハン・ゾーンライトナー、アンドレアス・シュタイアーに師事。チューリッヒ音楽大学で三年間、通奏低音の教鞭を取り、現在はチューリッヒを拠点として幅広い活動を行っている。北谷直樹を語るマスメディア全般の批評は、情感のこもった演奏の中に巧妙な技術を駆使し、音色は色彩的表現に富み、高い即興的流麗を醸しだしていると異口同音に絶賛。ソリスト活動と平行して、世界的名ソプラノのチェチリア・バルトリ、ヴァイオリニストのヒラリー・ハーン、ジュリアーノ・カルミニョーラ、ステファノ・モンタナーリ、ベルリン・フィル首席オーボエ奏者のアルブレヒト・マイヤー、リコーダー奏者モーリス・シュテガー他と定期的に共演している。さらに国際的審査員として今後の活躍が期待され、2006年ボン、2009年ベルリンで催したドイツ音楽コンクールに、ヴィーランド・クイケン(ビオラ・ダ・ガンバ)、ミヒャエル・シュナイダー(リコーダー)、ケティル・ハウグスサンド(チェンバロ)と共に審査に参加している。バロックだけに留まらず、クラシックからジャズ、ポップ、さらに伝統的な東洋と南米の音楽へと情熱を傾け、作曲も手がける。多数リリースされているCDも絶賛されている。
2011年11月、いわき市立四倉小学校、久之浜中学校のほか、三阪小学校、差塩小学校・中学校、汐見が丘小学校での「おでかけアリオス」に出演。今年度も市内小学校・中学校で「おでかけアリオス」に出演予定。

平成26年度 カスケード交流コンサート ラインナップ
7/22(火)伊藤文乃(ヴァイオリン)&山崎実(コントラバス)
10/21(火)北谷直樹(チェンバロ)
12/24(水)塚谷水無子(ポジティフ・オルガン)

日時:各回12:15〜13:00
場所:本館2階 カスケード

プログラムL.クープラン:組曲 ハ長調より
W.バベル:ヘンデル作曲「リナルド」より
「私を泣かせて」(アダージョ)
      「私は戦いたい」(アレグロ)
J.S.バッハ:パルティータより ほか

※プログラムは変更になる場合がございます。ご了承ください。
お問合せアリオスチケットセンター
0246-22-5800

本ページを見た方は、以下のページもご覧になっています

      共通フッター

      PAGE TOP

      本サイトの著作権(copyright)