神田京子 真打昇進披露 いわき公演

そこに人情話あらばなんでも語り、笑わせます、ハラハラさせます、泣かせます

  • 141207神田京子真打昇進披露 いわき公演
  • 神田京子
  • 桑原滝弥(司会)
  • ケーシー高峰(ゲスト)
  • 谷川俊太郎(ゲスト)
  • 谷川賢作(ゲスト)
  • 神田京子inアリオス小劇場(2013年3月17日)
日時
  • 昼の部 2014年12月7日(日) 14:00(開場:13:30)
  • 夜の部 2014年12月7日(日) 18:00(開場:17:30)
会場小劇場 小劇場客席図
料金全席自由/ 3,000円 高校生以下 1,000円
     昼夜セット券(販売終了) 5,000円

忠臣蔵からカルメンまで!? そこに人情話あらばなんでも語り、笑わせます、ハラハラさせます、泣かせます、講談師・神田京子。2011年以来東北各地を継続的に訪ね、地域の方々と交流を重ねながら「語り継ぐべきもの」を形にすべく、民話や伝説を講談にする活動も続けています。ゲストには、いわき在住のおなじみ、ケーシー高峰(昼公演)、真打昇進によせて詩「声が織る」を献呈した谷川俊太郎、同じくオリジナル出囃子「とっきっき〜」を作曲した谷川賢作(夜公演)を迎え、お目出度い席に華をそえます。もちろん、いわきで生まれたオリジナル講談もたっぷりお届け!

プロフィール

神田京子(講談師)
岐阜県美濃市出身。日本大学芸術学部卒業。平成11年に講談師2代目神田山陽に入門。平成17年二ッ目に昇進。平成26年真打昇進。浅草演芸ホール・新宿末廣亭・池袋演芸場・国立演芸場など都内の寄席に出演の傍ら、独演会・地方公演・他ジャンルとのコラボレーション(ジャズ・オペラ・ピアノ・義太夫・狂言など)・子供たちとの講談ワークショップといった、形にとらわれない公演・活動に積極的に参加している。国内のみならず国際交流活動の一環として海外での公演もこなしている。NHKを中心にテレビ・ラジオ出演も(平成25年、案内役を務めた東海ラジオ制作「よみがえる話芸 節談説教」が文化庁芸術祭ラジオ部門大賞、第39回放送文化基金本賞を受賞)。幕末・明治のエンタテインメント性溢れる講談を目指している。夫である詩人桑原滝弥とのコラボレーションによる「夫婦ライブ」も注目を集めており、国内外で公演している。東日本大震災後からは、仮設住宅を公演会場に「夫婦ライブ」を定期的に実施し、東北に伝わる民話を訪ねて講談にすることもライフワークとしている。
公式ブログ「京子喫茶室」 http://blog.kandakyoko.com†


出演神田京子
司会:桑原滝弥
ゲスト:(昼の部)ケーシー高峰 (夜の部)谷川俊太郎、谷川賢作 ほか
対象※3歳未満入場不可
申込み方法プレイガイド
アリオスチケットセンター(火曜定休)0246-22-5800
※電話番号のおかけ間違いにご注意ください。
WEBサイトからのご予約チケットガイドをご覧ください。
※初日は電話・WEB受付のみとなりますのでお気をつけください。
※1階チケットカウンターでの販売は翌営業日からとなります。

鹿島ショッピングセンター エブリア取扱終了

※昼の部・夜の部、昼夜セット券は受付終了しました。車いす席・車いす補助席は電話(アリオスチケットセンター:0246-22-5800)にて受付中です。
〔当日券〕
当日券は各回開演1時間前より小劇場入口にて若干枚販売します。
※当日券のお客様は2階バルコニー席へ開演5分前にご案内します。(舞台が一部見えづらい座席になります。あらかじめご了承ください)
お問合せアリオスチケットセンター
0246-22-5800(10:00〜20:00 毎週火曜定休)
備考主催:(株)いわき市民コミュニティ放送
共催:いわき芸術文化交流館アリオス
企画制作:神田京子後援会 Kyoko oh! Dangoclub
協力:ふたば・いわき 京子応援団

本ページを見た方は、以下のページもご覧になっています

      共通フッター

      PAGE TOP

      本サイトの著作権(copyright)