いわき室内楽協会コンサート2015/2016
<第12回>輝けるウィーンの正統 〜ウィーン・フィル・コンサートマスター ライナー・ホーネック氏を迎えて〜

ウィーン・フィル・コンサートマスター ライナー・ホーネック氏を迎えて、R.シュトラウス:メタモルフォーゼン ほかを

  • ライナー・ホーネック画像
  • ヴィルタス・クヮルテット画像
  • 安藤・植木・河原画像
日時
  • 2016年1月24日(日) 14:00
会場音楽小ホール 音楽小ホール客席図
料金全席指定/一般 4,500円 学生 2,000円 / 先着順

いわきで最高水準のクラシック音楽を――

今回私は、「ウィーンの宝」ともいうべきウィーン・フィル・コンサートマスター、ライナー・ホーネック氏の演奏を、いわきの皆様にお届けすることが出来て、大変誇らしく思います。
ホーネック氏は、ウィーンの伝統に基づいた誠実な演奏の中に、深淵な解釈や、どこまでも繊細で華麗や輝かしい音色を持つ、驚嘆すべき演奏家です。音楽の本質への飽くなき追求がもたらす得難い賜物を持っていることにより、「真の音楽」を深く愛するいわきの皆様に聴いていただくにふさわしい、世界最高峰の音楽家なのです。
前半はモーツァルトの大傑作、「ヴァイオリンとヴィオラのための協奏交響曲」(弦楽六重奏版)をホーネック氏と、ヴィルタス・クヮルテットのメンバーでわが国ヴィオラ界を代表する名手、馬渕昌子氏のソロでご堪能いただきます。また後半は、ドイツの敗戦に胸を痛めていた大作曲家リヒャルト・シュトラウスが、23挺の弦楽器のために書いた、古今東西に例のない画期的な作品、「メタモルフォーゼン(変容)」を弦楽七重奏版にて。どちらもホーネック氏とヴィルタスQメンバーのほか、世界的に活躍中の素晴らしいプレイヤーをゲストに迎え、お聴きいただきます。
弦の達人たちの紡ぐ絶妙なアンサンブル、どうぞお楽しみに!!

いわき室内楽協会ミュージック・ディレクター  丸山泰雄

プロフィール

ライナー・ホーネック (ヴァイオリン) Rainer Honeck
1961年オーストリア生まれ。ウィーン国立音楽大学で学び、「カール・ベーム基金」より奨学金を受け、1981年ウィーン国立歌劇場管弦楽団コンサートマスター、1984年にウィーン・フィルハーモニー管弦楽団に入団。そして1992年ウィーン・フィルのコンサートマスターに就任し、現在に至る。ソリストとしてM.ヤンソンスやL.ムーティ指揮で協演。室内楽でも「ウィーン弦楽ゾリステン」や「アンサンブル・ウィーン」などを主宰し、ジェシー・ノーマン、ホセ・カレーラス、アンドレ・プレヴィンなどと共演を重ねている。近年では指揮者としても活動し、マルメ響、読売日響、紀尾井シンフォニエッタ東京などから招かれている。使用楽器は、オーストリア国立銀行から貸与されている1709年製ストラディヴァリウス。

三上 亮 (ヴァイオリン) Ryo Mikami
水戸市生まれ。東京藝術大学を首席で卒業し、アメリカとスイス・ローザンヌに留学。日本音楽コンクール第2位、ストラディバリウス・コンクール第2位など、受賞歴多数。2007年に帰国し、11年まで札幌交響楽団コンサートマスターを務める。13年2月、CD「奏(かなで)― 薫り立つフランス・ヴァイオリン音楽の詩情 ― フランス・ヴァイオリン・ソナタ集」をリリース。

馬渕 昌子 (ヴィオラ) Shoko Mabuchi
大阪生まれ。桐朋学園大学卒業、パリ国立高等音楽院大学院でブルーノ・パスキエ氏に師事。ミュンヘン国際音楽コンクール・ヴィオラ部門第3位、イタリア・パオロ・ボルチアーニ国際弦楽四重奏コンクール第3位など、受賞歴多数。サイトウ・キネン・オーケストラ、紀尾井シンフォニエッタ東京、アンサンブル・ベガ、トウキョウ・モーツァルトプレーヤーズなどのメンバーやソロ、室内楽で活躍。

安藤 裕子 (ヴィオラ) Yuko Ando
東京藝術大学大学院修士課程修了。第3回日本室内楽コンクール第1位。第17回ヴィットリオ・グイ国際室内楽コンクール最高位。第52回ジュネーヴ国際コンクール・セミファイナリスト。ジャパンチェンバーオーケストラ、ピアノクヮルテット「Opus1」などで活躍。東京シティ・フィル首席ヴィオラ奏者を歴任し、現在、東京藝術大学、洗足学園大学、聖徳大学音楽学部非常勤講師。紀尾井シンフォニエッタ東京メンバー。

丸山 泰雄 (チェロ) Yasuo Maruyama
仙台市生まれ。東京藝術大学卒業後、イタリア、ドイツで学んだ。日本音楽コンクール第1位、パオロ・ボルチアーニ国際弦楽四重奏コンクール第3位等、数多くのコンクールで上位入賞。チェロの可能性を広げるコンサートを次々と企画・出演する一方、わが国主要オーケストラの客演首席奏者も務める。紀尾井シンフォニエッタ、トウキョウ・モーツァルトプレーヤーズ(首席)メンバー、及びヴィルタス・クヮルテット、スーパー・チェロ・アンサンブル・トウキョウのリーダー。

植木 昭雄 (チェロ) Akio Ueki
桐朋学園大学卒業。1994年、第4回日本室内楽コンクール入賞、フランス・リヨン国立高等音楽院に留学。95年、第64回日本音楽コンクールチェロ部門入選。97年、霧島国際音楽祭にて特別奨励賞を受賞。98年、リヨン国立高等音楽院卒業。99年、アメリカ・インディアナ大学に留学。2001年11月、津田ホールにてデビューリサイタルを行い好評を博す。02年、第1回斎藤秀雄メモリアル基金賞受賞。サイトウ・キネン・オーケストラ、室内アンサンブル「ストラヴァガンツァ東京」、加古隆クヮルテットのメンバー。

河原 泰則 (コントラバス) Yasunori Kawahara
茨城県日立市出身。一橋大学卒業後、桐朋学園大学を経てベルリン音楽大学を首席で卒業。1978年ジュネーヴ国際音楽コンクール最高位受賞。1980年から2011年までドイツ・ケルン放送交響楽団の首席コントラバス奏者。ソリストとしても高い評価を受ける。国内では、サイトウ・キネン・オーケストラや紀尾井シンフォニエッタ東京のメンバー。ソニー、フォンテック等よりソロCDをリリース。訳書に『小さな星の王子さま』(春秋社)がある。

出演ライナー・ホーネック、三上亮(ヴァイオリン)
馬渕昌子、安藤裕子(ヴィオラ)
丸山泰雄、植木昭雄(チェロ)
河原泰則(コントラバス)
曲目モーツァルト/ヴァイオリンとヴィオラのための協奏交響曲(弦楽六重奏版)
R.シュトラウス/メタモルフォーゼン(弦楽七重奏版)
申込み方法プレイガイド
アリオスチケットセンター(火曜定休)0246-22-5800
※電話番号のおかけ間違いにご注意ください。
WEBサイトからのご予約チケットガイドをご覧ください。
※初日は電話・WEB受付のみとなりますのでお気をつけください。
※1階チケットカウンターでの販売は翌営業日からとなります。

お問合せいわき室内楽協会(鈴木)
0246-36-3350
備考主催:いわき室内楽協会/いわき芸術文化交流館アリオス
企画協力:株式会社ロンドミュージック
助成:公益財団法人 日本室内楽振興財団/公益財団法人 朝日新聞文化財団
後援:福島民報社、福島民友新聞社、いわき民報社、SEA WAVE FMいわき

本ページを見た方は、以下のページもご覧になっています

      共通フッター

      PAGE TOP

      本サイトの著作権(copyright)