オーケストラ ファン・ヴァセナールの室内楽
~シリーズ♪アリオスで愉しむアンサンブル② バロック・プレミアム:巨匠とよばれる人びと

出演:オーケストラ ファン・ヴァセナール

  • オーケストラ ファン・ヴァセナール画像
日時
  • 2016年11月16日(水) 19:00
会場音楽小ホール 音楽小ホール客席図
料金全席指定/3,000円

出演ピーター・ファン・ヘイゲン(リコーダー)
赤津眞言、中丸まどか(ヴァイオリン)
十代田光子(チェロ)
岡田龍之介(チェンバロ)

プロフィール

ピーター・ファン・ヘイゲン(Peter van Hayghen) リコーダー
ベルギー在住。バロック音楽界で多方面に活躍している。リコーダー奏者として自身が作ったグループ“モレ・マヨルム”、“メッツァルナ(リコーダーコンソート)”でコンサートツアーを行い、その他“クレンデ ”、“イル・ガルデリーノ”でも演奏をしている。また、バロックオーケストラ“レ・ムファッティ”で2004年から2014年まで指揮者を務めるかたわら、ゲストとして“コレギウム・マリアウム”、“レ・ザグレモン”、“ヴロツワフ・バロック・オーケストラ”、“ドイツ・ヘデルゾリスデン”、“カメラータ・アンティカ・クリティバ”等に招かれた。音楽学者としても、リコーダーの歴史と演奏の変遷について幾つか出版している。オランダ・ハーグ王立音楽院でバロックとルネサンス音楽の演奏情報講座を持つ。現在、ブリュッセル王立音楽院バロック科主任。各地の大学、コンセルバトワールにてワークショップ、マスターコースを精力的にこなしている。

赤津眞言 ヴァイオリン
ベルギー・ルーヴァンのレーメンス音楽院客員教授。国立音楽大学にて守岡 輝、在学中よりバロックヴァイオリンを小野萬里、室内楽を千成千徳の各氏に習う。1987年よりオランダ・ハーグ王立音楽院にてシギスバルト・クイケン氏に師事。93年ソリストディプロマを得て卒業、91年国際古楽アンサンブルコンクールにて第2位受賞。在学中よりヨーロッパ内外の団体“ラ・プティット・バンド”、“レザール・フロリサン”、“ターフェルムジーク・トロント”、“バッハ・コレギウム・ジャパン”等で演奏、録音に参加。またコンサートマスターとして“レ・タラン・リリック”、“レ・ザグレモン”、“コンチェルト・クレンデ”等で活躍。オーケストラ・ファン・ヴァセナールを主宰し、各地のフェスティバル等で演奏し、好評を博している。教育活動にも力を入れ、各地の音楽院にてマスターコース、日本でも毎年公開レッスンを行っている。ポップミュージシャンとの共演も多い。

中丸まどか ヴァイオリン
3歳より故・白井英一氏、その後白井英治氏にヴァイオリンを学ぶ。2000年東京芸術大学に入学、澤 和樹氏に指導を受け2004年に卒業。同大学院古楽科にて若松夏美氏にオリジナル奏法を学び2004年に修了のち文化庁、ベルギー政府の助成を受けブリュッセル王立音楽院にてシギスバルト・クイケン氏に師事、2009年ディプロマを授与された。現在、ベルギーを中心とした古楽オーケストラのコンサートミストレスや様ざまな室内楽の主要メンバーとして、ヨーロッパ各地で演奏会、録音活動をしている。音楽への情熱はバロックの世界にとどまることなく、2006年にライプツィヒ室内管弦楽団とメンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲を共演し好評を博した他、最近ではロマン派のオリジナル奏法の研究を仲間達と進めている。ベルギー・ブリュッセル在住。
オフィシャルウェブサイト www.madokanakamaru.co 

十代田光子(そしろだみつこ) チェロ
3歳よりピアノ、14歳よりチェロを始める。1984年に武蔵野音楽大学卒業、その後2年間、桐朋学園大学研究科にて学ぶ。その間チェロを勝田聡一、三木敬之、清水勝雄、木越 洋の各氏に師事した。また室内楽を原田幸一郎、数住岸子、安田謙一郎、山崎伸子の各氏に師事。1987年、スイスのローザンヌミュージックアカデミーにてダヴィッド・ゲリンガス氏に師事した。1988年、オーケストラアンサンブル金沢に入団、以後12年間在籍し、副首席奏者を務めた。その後バロックチェロを鈴木秀美氏に師事し、現在はモダンチェロ、バロックチェロ奏者として活動している。モーツァルト・アカデミー・トウキョウ(MAT)メンバー。

岡田龍之介 チェンバロ
洗足学園音楽大学、都留音楽祭各講師。慶応義塾大学経済学部、東京藝術大学楽理科卒業。1986年同大学院終了。音楽学を角倉一朗、チェンバロを有田千代子の各氏に師事。83年のデビュー以来今日に至るまで、数多くの演奏に参加。国内外の古楽演奏家とのアンサンブルで培った通奏低音演奏には定評がある。近年は教育活動・ソロに力を入れるとともに、各種講習会、執筆活動を通じてバロック音楽の普及にも積極的に取り組む。3度にわたる韓国公演、ドイツ公演等海外でも度々演奏を行う。1999年、第3回山梨古楽コンクール審査員、1997‾2000年にはサッポロ夏の音楽祭講師を勤める。

対象※年齢制限なし
申込み方法プレイガイド
アリオスチケットセンター(火曜定休)0246-22-5800
※電話番号のおかけ間違いにご注意ください。
WEBサイトからのご予約チケットガイドをご覧ください。
※初日は電話・WEB受付のみとなりますのでお気をつけください。
※1階チケットカウンターでの販売は翌営業日からとなります。
お問合せアリオスチケットセンター 0246-22-5800(毎週火曜定休 10:00〜20:00)

本ページを見た方は、以下のページもご覧になっています

      共通フッター

      PAGE TOP

      本サイトの著作権(copyright)