アリオス☆ワンコインコンサート④
吉野直子 ハープコンサート

物心ついたときから、常にハープとともに世界の大舞台で活躍する“超一流”

  • 吉野直子画像
  • 吉野直子画像
日時
  • 2017年3月22日(水) 12:15〜13:00(開場:11:45)
  • 2017年3月22日(水) 18:30〜19:15(開場:18:00)
会場音楽小ホール 音楽小ホール客席図
料金全席指定/500円 学生 100円
※膝上鑑賞無料。ただし、お席が必要な方は有料
※年齢制限なし

第一線で活躍する音楽家による上質な音楽を、リーズナブルな価格でお楽しみいただく「アリオス ワンコインコンサート」。

出演吉野直子(ハープ)
プログラム【昼】
J.パッヘルベル(S.マクドナルド/L.ウッド編)/カノン
J. S. バッハ(D. オーウェンズ/吉野直子編)/シャコンヌ 
~無伴奏ヴァイオリン・パルティータ 第2番 BWV 1004より~
M. グランジャニー/「子供の時間」組曲 作品25
H. ルニエ/黙想
M. トゥルニエ/朝に 作品39

【夜】
J.S.バッハ(M. グランジャニー編)/アンダンテ
~無伴奏ヴァイオリン・ソナタ 第2番 BWV1003より~
J.S.バッハ(D. オーウェンズ/吉野直子編)/シャコンヌ
~無伴奏ヴァイオリン・パルティータ 第2番 BWV 1004より~
P.ヒンデミット/ハープのためのソナタ
C.ドビュッシー/月の光 ~ベルガマスク組曲より~
F.リスト(H.ルニエ編)/愛の夢 第3番

プロフィール

吉野直子 (ハープ)
ロンドン生まれ。6歳よりロサンゼルスでスーザン・マクドナルド女史のもとでハープを学び始める。1981年に第1回ローマ国際ハープ・コンクール第2位、1985年には第9回イスラエル国際ハープ・コンクールに参加者中最年少で優勝し、国際的キャリアの第一歩を踏み出した。これまでにベルリン・フィル、イスラエル・フィル、チューリヒ・トーンハレ管、フィルハーモニア管、フィラデルフィア管、ウィーン・コンツェントゥス・ムジクスなど欧米の一流オーケストラおよび日本国内の主要オーケストラと共演を重ね、共演した指揮者は、N.アーノンクール、Z.メータ、G.シノーポリ、W.サヴァリッシュ、Y.メニューイン、小澤征爾などがいる。イギリス室内管、ベルリン・フィル・ヴィルトゥオーゾ、パイヤール室内管、水戸室内管など優れた室内管弦楽団にもソリストとして招かれ、リサイタルもニューヨーク、ウィーン、ロンドン、東京などで数多く行っている。特に1994年、ヴァチカンのシスティーナ礼拝堂での修復記念コンサートは大きな注目を集めた。またザルツブルク、ロッケンハウス、ルツェルンなど世界の主要音楽祭にも度々招かれ、常に好評を博している。室内楽の交流も幅広く、ギドン・クレーメル(Vn)、ヴェロニカ・ハーゲン、今井信子(共にVa)、クレメンス・ハーゲン(Vc)、オーレル・ニコレ、ジャン・ピエール・ランパル、ウォルフガング・シュルツ、エマニュエル・パユ、ジャック・ズーン(共にFl)など、世界の優れた演奏家と定期的に共演。レコーディングも活発で、これまでにテルデック、フィリップス、ソニー・クラシカル、ヴァージン・クラシックスほかに収録。新作も数多く紹介し、世界初演した武満徹『そして、それが風であることを知った』、細川俊夫『ハープ協奏曲』などはその代表作である。 1985年アリオン賞、1987年村松賞、1988年芸術祭賞、1989年モービル音楽賞奨励賞、1991年文化庁芸 術選奨文部大臣新人賞、エイボン女性芸術賞をそれぞれ受賞している。国際基督教大学卒業。

申込み方法プレイガイド
アリオスチケットセンター(火曜定休)0246-22-5800
※電話番号のおかけ間違いにご注意ください。
WEBサイトからのご予約チケットガイドをご覧ください。
※初日は電話・WEB受付のみとなりますのでお気をつけください。
※1階チケットカウンターでの販売は翌営業日からとなります。

当日券は、【夜の部】の車いす席のみ受付。そのほかのお席は完売いたしました。

お問合せアリオスチケットセンター
0246-22-5800(10:00〜20:00 火曜定休)
※お電話のおかけ間違いにはご注意ください
備考主催:いわき芸術文化交流館アリオス
平成28年度文化庁劇場・音楽堂等活性化事業

本ページを見た方は、以下のページもご覧になっています

      共通フッター

      PAGE TOP

      本サイトの著作権(copyright)