いわきアリオス×SEA WAVE FMいわき
スキマチイワキ meeting vol.9
「しでかすさんと行く、ぶらり小川こめぐり 〜諏訪神社編 」

小川が好き。春がきたら、しでかすさんとあったかい旅にでかけよう。

  • スキマチイワキ画像
  • スキマチイワキロゴ
日時
  • 2017年3月25日(土) 12:45〜16:45
会場小川郷駅、小川諏訪神社 ほか(出発:JRいわき駅) 
料金無料(要事前申込)
※鉄道運賃 大人 往復480円はご負担ください / 先着順

3月25日「スキマチイワキ」がお届けするのは、しでかすおともだちと行く、 “ 電車とまち歩きの旅 ” 。 いわき駅から磐越東線に揺られること2駅、電車は小川郷駅に停車します。ホームに降りたち、今年7月には築102年を迎える木造の駅舎と、まちへと通じるおもちゃのような地下道を抜けると、そこにはこの土地ならではの時が流れています。二ツ箭山を擁する阿武隈山地、夏井川の水音、モルタル看板の懐かしい駅前商店街、新旧入り混じる住宅街、人々の暮らし、そして1世紀もの間佇む駅舎―小川町が積み重ねてきた時を感じる瞬間です。
この"旅"では、いわき駅から小川郷駅への車両内、小川郷駅からさらに足を伸ばして小川諏訪神社までをしでかすおともだちとめぐり歩きます。昨年12月には、しでかすおともだちのメンバーである、ウーシャカさんとオシュハさんが小川郷駅に登場。草野充宏さん(「くさのや」店主、小川町商工会会長・小川郷の会会長)にお話を伺いながら、クリスマスツリーと門松の同居する駅舎を訪れました。これまでにも全国各地の魅力を引きだし、撒き散らしてきた"しでかすおともだち"が、春の小川町に出没します。案内役には独特の語り口で幅広い世代を魅了する、会津若松市出身の山田広野さん(活弁映画監督)を迎え、参加者の皆さんと小川町の深みへと迫ります。どうぞ、お楽しみに!

出演〔案内役〕
しでかすおともだち(きぐるみアイドルユニット)、山田広野(活弁映画監督)
〔立会人〕
藤 浩志(美術家・秋田公立美術大学 教授)
旅程12:45 JRいわき駅構内・改札前に集合
13:13 いわき駅発(磐越東線) 13:23 小川郷駅着
小川郷駅〜小川諏訪神社のまち歩き
16:30 小川郷駅発(磐越東線) 16:42 いわき駅着・解散

プロフィール

しでかすおともだち きぐるみアイドルユニット
ダンサー・振付家、小林由佳と様々なアーティストが集まって結成された、きぐるみアイドルユニット。ダンス、小芝居、映像 、おもてなし、 愛嬌をウリに全国各地に多様な形態で出没しては世間を驚かし、楽しませ、癒す。 衣裳デザインは美術家・安部泰輔 。

藤浩志(ふじ ひろし)美術家・「スキマチイワキ」ナビゲーター
1960年鹿児島生まれ。京都市立芸術大学在学中演劇活動に没頭した後、地域社会を舞台とした表現活動を志向し京都情報社を設立。京都市内中心市街地や鴨川などを使った「アートネットワーク'83」の企画以来全国のアートプロジェクトの現場で「対話と地域実験」を重ねる。同大学院修了後青年海外協力隊員としてパプアニューギニア国立芸術学校勤務。都市計画事務所勤務を経て92年、藤浩志企画制作室を設立。各地で地域資源・適正技術・協力関係を活かしたデモンストレーションを実践。福岡県糸島市在住。NPO法人プラスアーツ副理事長。秋田公立美術大学教授。
藤浩志公式WEBサイト https://geco.jp

★スキマチイワキブログ、はじめました!
スキマチイワキブログWEBページ
★SEA WAVE FMいわき「アリオスラジオ」でもレポート中!
 放送日時:毎月第4月曜 13:00〜14:00
 出演:ベティ(FMいわきパーソナリティ)、シュガー亭ノンシュガー(いわきアリオス) ほか

対象小学3年生以上(小学生は保護者と一緒に参加してください)
〔定員〕20名程度(要事前申込)
申込み方法アリオスチケットセンター 0246-22-5800(10:00〜20:00/毎週火曜定休)
※おかけ間違いにご注意ください
※お電話・窓口のみの受付
お問合せアリオスチケットセンター
0246-22-5800(10:00〜20:00 毎週火曜定休)
※お電話のおかけ間違いにご注意ください

本ページを見た方は、以下のページもご覧になっています

      共通フッター

      PAGE TOP

      本サイトの著作権(copyright)