アリオス大衆芸能審議会
〜話芸の愉しみ〜 第3回 忠臣蔵の世界

講談・浪曲・落語

第3回は忠臣蔵を取り上げます。出演は柳亭市馬(落語)、神田阿久鯉(講談)、玉川奈々福(浪曲)、曲師に沢村豊子。ナビゲートは審議会顧問のケーシー高峰。

  • アリオス大衆芸能審議会画像
日時
  • 2017年10月27日(金) 18:30(開場:18:00)
会場中劇場 中劇場客席図(プロセニアム形式 8間)
料金全席指定/3,000円 ※車いす席あり

大衆芸能への入口「アリオス大衆芸能審議会」第3回は忠臣蔵を切り口に落語・浪曲・講談をおたのしみいただきます。出演は柳亭市馬(落語)、神田阿久鯉(講談)、玉川奈々福(浪曲)、曲師に沢村豊子。審議会顧問のケーシー高峰がナビゲートします。

プロフィール

柳亭市馬(りゅうてい いちば)
出身地: 大分県豊後大野市緒方町
出囃子:吾妻八景
紋:丸に花菱

1980(昭和55)年3月 五代目柳家小さんに入門。前座名「小幸」
1984(昭和59)年5月 二ツ目昇進。「さん好」と改名
1993(平成5)年9月 真打昇進。四代目「柳亭市馬」を襲名
2008(平成20)年7月「山のあな あな ねぇあなた」(ポニーキャニオン)にて歌手デビュー(日本歌手協会会員)
2010(平成22)年 落語協会理事に就任
2011(平成23)年 落語協会副会長に就任
2014(平成26)年6月 落語協会会長に就任

受賞歴
1991年(平成3)年 平成3年度 にっかん飛切落語会 若手落語家奨励賞
1993年(平成5)年 平成5年度 にっかん飛切落語会 若手落語家奨励賞
1995年(平成7)年 平成7年度 国立演芸場 花形演芸大賞


神田阿久鯉(かんだ あぐり)
出身地:神奈川県横浜市
日本大学芸術学部放送学科卒業

1996(平成8)年 三代目神田松鯉に入門
同年同月初高座-前座名 小松
2001(平成13)年4月 二ツ目昇進 小松改め、阿久鯉
2008(平成20)年5月 真打昇進
2015年度(平成27年度)国立演芸場 花形演芸会 特別賞受賞
◆facebook @kandaaguri
◆twitter @aguri824


玉川奈々福(たまがわ ななふく)
生月日:三波春夫先生と同じ7月19日
性別:女性職業:浪曲師・曲師(浪曲三味線弾きのこと)

1994(平成6)年10月 日本浪曲協会主宰三味線教室に参加
1995(平成7)年7月7日 玉川福太郎に入門。師の勧めにより2001(平成13)年より浪曲師としても活動
2004(平成16)年「玉川福太郎の徹底天保水滸伝」全5回
2005(平成17)年「玉川福太郎の浪曲英雄列伝」全5回プロデュース
2006(平成18)年 本橋成一監督作品『ナミイと唄えば』出演
同年12月 芸名を美穂子から奈々福に改め名披露目
さまざまな浪曲イベントをプロデュースする他、自作の新作浪曲も手掛け、他ジャンルの芸能・音楽との交流も多岐にわたって行う。かに座のO型。賞罰、なし。


沢村豊子(さわむら とよこ):曲師
生年月日:1937(昭和12)年2月25日
出身地:福岡県

浪曲に入ったきっかけ:端唄を習っていたが、11歳のとき、九州に巡業に来ていた佃雪舟の楽屋に連れていかれ、「お三味線弾いてごらん」といわれ、身体より大きい太棹を弾いてみたところ「東京に行く気はないか」と聞かれ、踊りのお師匠さんになれるかもしれないと東京に来たら、浪曲の三味線を習うことになりました。

師匠:山本艶子
入門年月日:1948(昭和23)年
※DVD「沢村豊子の世界」が武春堂より発売中

出演顧問:ケーシー高峰 落語:柳亭市馬 講談:神田阿久鯉 浪曲:玉川奈々福(曲師:沢村豊子)
対象※未就学児入場不可
申込み方法プレイガイド
アリオスチケットセンター(火曜定休)0246-22-5800
※電話番号のおかけ間違いにご注意ください。
WEBサイトからのご予約チケットガイドをご覧ください。
※初日は電話・WEB受付のみとなりますのでお気をつけください。
※1階チケットカウンターでの販売は翌営業日からとなります。

託児マーク託児サービスのご案内
本公演は託児サービスがあります(無料・先着順)。チケットをご予約の上、公演3週間前の10/6(金)までにアリオスチケットセンター(0246-22-5800)にお申し込みください。

難聴者支援装置マーク難聴者支援装置のご案内
本公演では「難聴者支援装置」をご利用いただけます(予約制・先着順)。ご希望の方は、チケットをご予約の上、アリオスチケットセンターにお問合せください。
(ファクス 0246-22-8181 電話 0246-22-5800)
お問合せアリオスチケットセンター
0246-22-5800(10:00〜20:00 火曜定休)
※おかけ間違いにはご注意ください
備考主催:いわき芸術文化交流館アリオス

本ページを見た方は、以下のページもご覧になっています

      共通フッター

      PAGE TOP

      本サイトの著作権(copyright)