こども楽器プロジェクト推進事業
第1回こどものためのコンサート

こども楽器プロジェクトプレゼンツ
アキラさんの室内楽でございます♪

アキラさんと室内楽であそぼう!

  • 宮川彬良と塩貝みつるの画像
日時
  • 2018年8月26日(日) 18:30(開場:17:45)
  • ※18:10から子どもたちによるコンサートがあります。また、開演前と終演後に楽器体験コーナーがあります。
    ※アリオスペーパー vol.60にて開演時間を18:00と記載していましたが、出演者の意向により18:30へ変更になりました。

会場大ホール 大ホール客席図
料金全席指定/中学生以下 無料(要事前申込) 高校生 500円 18歳以上 1,000円

プロフィール

宮川彬良(みやがわあきら)
1961年東京都出身。劇団四季、東京ディズニーランドなどのショーの音楽で作曲家デビュー、自らを舞台音楽家と称する。代表作に「ONE MAN'S DREAM」「身毒丸」「ザ・ヒットパレード」「マツケンサンバⅡ」などがある。また演奏活動にも精力的に取り組み、「宮川彬良&アンサンブル・ベガ」「宮川彬良×米良美一ふたりの歌謡ショウ」「コンチェルタンテⅡ 宮川彬良vs新日本フィルハーモニー交響楽団」「0歳からのパントマイム・オーケストラ」等、さまざまなコンサートを日本全国で行っている。これらは『コンサートはショーである』を信条に作曲、編曲、指揮、ピアノ演奏、解説すべてが自身で為され、幅広い層に親しまれている。NHK Eテレ「クインテット」、BS2「どれみふぁワンダーランド」、BSプレミアム「宮川彬良のショータイム」で音楽担当、並びに出演。歌劇「ブラックジャック」、アニメ「宇宙戦艦ヤマト 2199/2202」、ミュージカル「ナイン・テイルズ」、木曜時代劇「ちかえもん」、NHK連続テレビ小説「ひよっこ」の音楽など、多岐にわたって活躍中。

宮川知子(みやがわちこ)
桐朋女子高等学校音楽科卒業。同音楽大学在学中に渡仏。パリ スコラ・カントルム音楽院、サンモール地方音楽院共に満場一致最優秀で修了。現在、リヨン国立高等音楽院ピアノ科、伴奏科にてローラン・カバッソ、ダビット・セリーグの各氏のもと研鑽を積む。エクス・アン・プロヴァンスピアノコンクール第1位、第91回レオポルト・ベラン国際コンクール、ピアノデュオ部門にて最優秀賞。小林道子、竹内啓子、上田晴子、テオドール・パラスキヴェスコ、クリストフ・ブクジオン、フローラン・ボファール、ローラン・カバッソ各氏に師事。

齋藤雄介(さいとうゆうすけ)
福島県出身。東京藝術大学器楽科を同声会賞を得て卒業。同大学院音楽研究科(修士課程)修了。第18回日本管打楽器コンクール入賞。2003年神奈川フィルハーモニー管弦楽団に入団。2009年より首席クラリネット奏者。また2014年より横浜シンフォニエッタも兼任する。尚美ミュージックカレッジ非常勤講師。別府アルゲリッチ音楽祭・アフィニス音楽祭・草津国際音楽祭などに参加し、W=マイヤー、L=コムズらの薫陶を受ける。著書に「中学生・高校生のための吹奏楽教本 クラリネット」がある。

阿部一樹(あべかずき)
福島県出身。東京藝芸術大学器楽科卒業。内藤知裕、杉木峯夫、佐藤友紀、福田善亮、David Herzogの各氏に師事。別府アルゲリッチ音楽祭、日露学生フォーラム(モスクワ)参加。渡欧し、カタルーニャ高等音楽院修士課程修了。Luis Gonzarez Malti、Mireia Farresの両氏に師事。バルセロナ交響楽団、バルセロナ吹奏楽団等に客演。現在、シアター・オーケストラ・トーキョー(熊川哲也Kバレエカンパニー)のトランペット奏者。VIVID BRASS TOKYO フリューゲルホルン奏者。横浜シンフォニエッタ、東京R合奏団、Brocade Brass Quintet、アンサンブル・スプレモ メンバー。

塩貝みつる(しおがいみつる)
桐朋学園大学ソリスト・ディプロマ修了。原田幸一郎、篠崎史紀、堀正文の各氏に師事。2004年よりハンブルク国立フィルハーモニー管弦楽団のアソシエート・コンサートミストレス。NDR エルプフィル、シュトゥットガルト放送響、バイエルン歌劇場などで客演。ソリストとしても、ウィーン交響楽団、ハンブルク国立フィルなどと協演。2015年元旦に、バッハのソナタがドイツ主要ラジオ局で生放送された。ハンブルクトリオ(ピアノ三重奏)のメンバー。現在ゲストコンサートミストレス、ソリスト、室内楽奏者として日本と欧州で活躍。

荻原松美(おぎわらまつみ)
長野県出身。国立音楽大学卒業。「シエナ・ウインド・オーケストラ」打楽器奏者。フルート・ピアノ・パーカッションのアコースティック・トリオ「讃美音」メンバー。他に、オーケストラのエキストラプレーヤーとして、また、上野信一&パーカッショングループ"PHONIX"のメンバーとしても活動。長野県小諸高等学校非常勤講師。尚美ミュージックカレッジ専門学校非常勤講師。「イノベイティブ・パーカッション」、「エバンス」、「CANOPOS CONCERT SERIES」のエンド―サー。

宮田浩久(みやたひろひさ)
東京藝術大学音楽学部器楽科入学。故 堀江泰、三木敬之、故 ポール・トルトゥリエ、フィリップ・ミュレール、オットマール・ボロヴィキーの各氏に師事。東京交響楽団との協演でデビュー。ロワール弦楽四重奏団を結成。また、国内主要オーケストラの客演首席チェロ奏者も務める。ジャズやシャンソンの分野においても、山下洋輔他多数のアーティストと共演・録音を行っている。九州交響楽団正団員。熊本大谷楽器店特別講師、福岡女子短期大学、長崎大学非常勤講師。

木村将之(きむらまさし)
東京藝術大学卒業、同大学院修士課程修了。齋藤順、永島義男の各氏に師事。藝大在学中にスタジオワークやライブ活動を開始。前田憲男、猪俣猛、中西俊博、中村善郎等と共演。東儀秀樹、谷村新司、上妻宏光、甲斐よしひろ等のツアーに参加。コントラバスアンサンブル「Black Bass Quintet」を主宰、3枚のアルバムをリリース。自己のリーダーバンド「suono reale」で、アルバム『Weeping Cherry』をリリース。現在オーケストラ等、クラシックの他、ジャズ・ポップスなど様々なジャンルで活動。

「楽器図書館」とは?
「楽器図書館」は、ドイツや日本国内で寄贈された楽器や、寄付金で購入した楽器を子どもたちに無償で貸し出し、子どもたちが楽器と触れ合う機会を作ろうというものです。さらに、楽器の演奏技術習得にはいわき市のヴァイオリン講師の方々のご協力をいただき、加えて国内外の音楽家が子どもたちに教える機会を設けながら、将来的には子どもたちの合奏団を育てるという長期的な支援を計画しています。

「こども楽器プロジェクト」について
こども楽器プロジェクトでは、東日本大震災の被災者に対するドイツからの献金をきっかけとして、災害によって楽器を失ってしまった子どもたちに、再び音楽と触れ合う機会をつくり、将来に向けて心を豊かにするまでの「音楽で支援」する活動をしています。
これまでに、被災地の学校や子どもたちに直接楽器を届ける「楽器支援」、演奏家を派遣して「訪問コンサート」を行ってきましたが、もう一つの活動の柱として、福島県いわき市いわき芸術文化交流館アリオスのご協力のもと、「楽器図書館」を設立しました。プロフェッショナルの音楽家を養成する事が目的ではなく、子どもたちが仲間たちと音楽を作り上げるプロセスや経験は、強い心を培い、社会人になった時に、どんな分野でも活用できるものになると確信しています。また、その子どもたちが音楽をすることは、周りの大人たちも巻き込むチカラがあり、地元愛のある、被災地活性化へつながるものと考えます。「こどものためのコンサート」開催によって、子どもたちが音楽や楽器を肌で感じることにより、音楽の素晴らしさに触れるきっかけになってほしいと思います。

お問合せ:こども楽器プロジェクト info@kodomogakki.com

出演宮川彬良(ナビゲーター)
宮川知子(ピアノ)
齊藤雄介(クラリネット)
阿部一樹(トランペット)
塩貝みつる(ヴァイオリン)
荻原松美(パーカッション)
宮田浩久(チェロ)
木村将之(コントラバス)
申込み方法プレイガイド
アリオスチケットセンター(火曜定休)0246-22-5800
※電話番号のおかけ間違いにご注意ください。
WEBサイトからのご予約チケットガイドをご覧ください。
※初日は電話・WEB受付のみとなりますのでお気をつけください。
※1階チケットカウンターでの販売は翌営業日からとなります。

主催:こども楽器プロジェクト いわき芸術文化交流館アリオス
後援:こども楽器プロジェクトを支援するいわき市民の会
お問合せアリオスチケットセンター
0246-22-5800(10:00〜20:00 火曜定休)
※おかけ間違いにはご注意ください
備考・チケットがない方は入場できません。無料対象(中学生以下)の方も、アリオスチケットセンターにてチケットを入手してください
・中学生以下の方は必ず保護者同伴でお願いします
・入場料収入は、すべて「こども楽器プロジェクト」に寄付し、いわき市内の子どもたちのために活用します

本ページを見た方は、以下のページもご覧になっています

      共通フッター

      PAGE TOP

      本サイトの著作権(copyright)