没後170年記念 G.ドニゼッティ作曲 日本語解説付き
OPERA L'elisir D'amore
愛の妙薬

これを飲むと、あなたは僕を好きになる?「幸せな気持ちになれる」ベルカントオペラの名作 愛の妙薬

  • オペラ愛の妙薬出演者画像
日時
  • 2018年8月2日(木) 19:00(開場:18:30)
会場大ホール 大ホール客席図
料金全席自由/3,000円 学生(高校生以下) 1,500円

プロフィール

●山際 隼人●
福島県いわき市出身。東京藝術大学音楽学部声楽科卒業。これまでに全国各地での演奏会、数々のオペラや日本初演作品に出演、また宗教曲のソリストとしても数多く出演する。2012年より4年間イタリア・ミラノに留学。鈴木幸江氏に師事しつつ、指揮者アレッサンドロ・フェラーリ氏、コレペティトールであるアレッサンドロ・フォルトゥーナ氏の指導も享受し研鑽を積んだ。留学中はミラノ、ポルデノーネ、サウリス等各地で、リサイタルやコンサートに出演。イタリア・サウリスでのマスタークラスにてディプロマを取得する。2013年より毎年地元にてリサイタルやコンサートを開催し、いわきでの活動にも力を注いでいる。2015年には、いわきPIT主催音楽劇「あらしのよるに」にガブ役で出演し、新たなジャンルにも挑戦し好評を得る。また映画音楽やテレビCM等のレコーディングにも数多く参加する。現在、うえのアニマルアンサンブル、いわきフレンズサポートメンバー、東京室内歌劇場会員。

●畔柳 幸代●
愛知県桜丘高等学校音楽科卒業。国立音楽大学・大学院声楽専攻オペラ科修了。1992年から8年間イタリア・ミラノ音楽院在籍。斎藤 喬、伊藤京子、故M.ミネット、故GP.マラスピーナ各氏に師事。第36回全日本学生コンクール名古屋本選会第1位。第26回イタリア 声楽コンコルソ・シエナ部門大賞受賞(1位)。日生劇場主催オペラ「愛の妙薬」アディーナ役にてオペラデビュー。イタリア留学中にはミラノを中心とし、オラトリオソリスト、演奏活動を行う。帰国後は、ホール主催「ソプラノ・リサイタル」「ニューイヤーコンサート」、ベートーヴェン「第九」をはじめ数多くの宗教曲ソリストをこなす。イタリア・ミラノ・スカラ座アカデミー教授 A.フェッラーリ指揮によるペルゴレージ「スタバト・マーテル」をソプラノ・ソロとして鈴木幸江氏と共演し、好評を博す。地元を中心とし、各都市においてソロ活動すると共に、後輩の声楽や県内小中学校の合唱指導を行う。CoroSoave、イリスの指導者。東京二期会会員。日本演奏連盟会員。岡崎音楽科協会。クラシック音楽研究会。

●久保田 真澄●
国立音楽大学卒業、同大学院修了。1993年第62回日本音楽コンクール声楽部門第3位。1994年イアリアに渡る。1996年第2回フェルッチョ・タリアヴィーニ国際コンクール、レニャーノ国際コンクールに入選。イタリア、オーストリアでオペラ、コンサートに出演。またスイス、チェコでも宗教曲のソリストとしてモーツァルト「レクイエム」、ロッシーニ「小荘厳ミサ曲」などを演奏した。日本に於いては、藤原歌劇団で「愛の妙薬」のドゥルカマーラでデビュー以来、「ボエーム」「仮面舞踏会」「アルジェのイタリア女」「イタリアのトルコ人」「セビリャの理髪師」など多数のオペラに出演。新国立劇場には開場記念公園「アイーダ」でデビューし、「セビリャの理髪師」「椿姫」「トゥーランドット」「エウゲニー・オネーギン」「ウエルテル」「フィガロの結婚」などにに出演、本年4月には新国立劇場20周年記念公演「アイーダ」に再び出演。この他にもびわ湖ホール、大阪いずみホールなどでオペラ、コンサートで活動している。

●木村 孝夫●
大阪音楽大学大学院オペラ研究室終了。オペラでは「フィガロの結婚」フィガロ、伯爵、「コジ・ファン・トゥッテ」ドン・アルフォンソ、「蝶々夫人」シャープレス、「愛の妙薬」ベルコーレ、「ロメオとジュリエット」メルキューシオなど、数多くの公演に出演。2015年大阪国際フェスティバルにおいて、故アルベルト・ゼッダ指揮「ランスへの旅」ドン・アルヴァ―ロ役にて出演。また、ベートーヴェン「第九」、フォーレ「レクイエム」等のソリストを務める。オペラを身近に感じてもらう活動として、小ホール規模でのオペラや、日本語訳によるオペラを企画、参加し、力を注いでいる。大阪府茨木市では「いばらきオペラ亭」と題し、30回近く公演をプロヂュースし、兵庫県立芸術文化センターのワンコインコンサートの企画演出を2014年から担当している。現在、大阪音楽大学演奏員、上方オペラ工房メンバー、茨木市音楽芸術協会理事、堺シティオペラ会員。

●又吉 優香●
兵庫県三木市出身。相愛大学音楽部音楽科声楽専攻卒業。オペラでは「フィガロの結婚」「愛の妙薬」「メリーウィドー」他多数の作品に出演。ケルビーノ役で出演した、関西歌劇団公演「フィガロの結婚」の舞台が、平成22年度、大阪文化祭奨励賞を、従妹役で出演した、ニューオペラシアター神戸公演「蝶々夫人」の舞台が、第8回佐川吉男音楽賞を受賞。米田哲二、重松みか、橋本俊詔の各氏に師事。数度の渡伊の後、2012年より本格的にミラノへ留学。ミラノ在住のメッゾソプラノ鈴木幸江氏に師事しつつ、コレペティトールであるアレッサンドロ・フォルトゥーナ氏、指揮者であるアレッサンドロ・フェラーリ氏の指導も享受する。ミラノ、ポルデノーネ、サウリス等各地でコンサートに出演。2014年より三木「第九」演奏会にソリストとして出演し、地元への活動にも力を注いでいる。関西歌劇団正団員。三木音楽科協会会員。三木市若手アーティスト応援団推薦アーティスト。

●フランチェスカ・バイグィーニ●
イタリア・ブレーシャ生まれ。2002年ミラノ・ヴェルディ音楽院を卒業。在学中、セルジオ・マレンゴーニ氏に師事。その後、ルガーノ音楽大学ノラ・ドアッロ氏に師事し研鑽を積む。ソリストとして、また歌手マルゲリータ・キリネッリとのデュオとして、数多くのイタリア国内、国際コンクールに入賞。2004年から2005年まで、ミラノのスカラ座アカデミーに在籍。2001年5月から、カルテット“アイレ・デ・タンゴ”の一員として継続して各地で演奏活動を行い、聴衆そして批評家から高い評価を受けている。2007年10月、リッカルド・シャイー指揮、スカラ座フィルハーモニー管弦楽団のメンバーとして、カナダ・アメリカ(トロント、フィラデルフィア、シカゴ、ワシントン)へのツアーに参加。2011年2月、指揮者ジョルジョ・プレートル率いるスカラ座フィルハーモニー管弦楽団の、フランス及びスペインへのツアーに参加。2013年より毎年来日し、演奏会に声楽のピアニストとして出演し、好評を博す。

●鈴木 幸江●
国立音楽大学声楽家卒業。同大学委オペラ科修了、同年渡伊。1991年に名バリトン歌手ジャン・ピエロ・マラスピーナ氏に認められ、本格的に演奏活動を開始。イタリア国内外各地にて演奏会に出演すると共に、多数のリサイタルも行う。又、宗教曲のソリストとしての地位も確立し、スカラ座オーケストラのメンバー、ライ国営放送オーケストラ等、イタリア主要管弦楽団との共演も数多く果たす。音域とレパートリーの広さに注目され、オペラは古典からロッシーニ、ヴェルディに至るまで歌える歌手として評価を得る。近年は、イタリア、日本各地でマスタークラスを開催し、イタリア在住30年で培った知識を伝えるべく後進の指導にも力を注ぐと同時に、演奏会企画運営も手掛けている。2018年2月には一般財団法人エウテルピス音楽芸術文化財団を設立。現在同財団理事長。株式会社エーデルタイム代表取締役。

出演山際 隼人(テノール)
畔柳 幸代(ソプラノ)
久保田 真澄(バス)
木村 孝夫(バリトン)
又吉 優香(ソプラノ)
フランチェスカ・バイグィーニ(ピアニスト)
鈴木幸江(プロデュース・音楽監督/メゾソプラノ・アルト)
対象※2歳以下膝上鑑賞無料
申込み方法プレイガイド
アリオスチケットセンター(火曜定休)0246-22-5800
※電話番号のおかけ間違いにご注意ください。
WEBサイトからのご予約チケットガイドをご覧ください。
※初日は電話・WEB受付のみとなりますのでお気をつけください。
※1階チケットカウンターでの販売は翌営業日からとなります。


㈱エーデルタイム(草木台サービス内)
キクヤ楽器 平店
山際音楽教室
セブンイレブン 植田町中央1町目店 金山南台店 林城店 平月見町店
お問合せ山際 080-4814-8810
備考主催:株式会社エーデルタイム
後援:いわき市教育委員会 福島民報社 福島民友新聞社 いわき民報社 FMいわき

本ページを見た方は、以下のページもご覧になっています

      共通フッター

      PAGE TOP

      本サイトの著作権(copyright)