有森博&長瀬賢弘ピアノデュオシリーズ
ロシア秘選集 vol.6 「雅」

ロシアの魅力溢れる、知られざる秀作をお届け。
今回は、ロシアが誇る二台ピアノの雄、アレンスキーの組曲の夕べ。雅なひと時をどうぞお楽しみください。

  • 有森博&長瀬賢弘画像
日時
  • 2018年7月24日(火) 19:00(開場:18:30)
会場音楽小ホール 音楽小ホール客席図
料金全席自由/3,500円 学生 2,500円

プロフィール

●有森 博●
1992年に東京藝術大学大学院修了。その後モスクワにて研鑽を積み現在に至る。これまでに野上登志子、水本雄三、小林仁、ナターリャ・スースロワの各氏に師事。1990年第12回ショパン国際ピアノコンクール最優秀演奏賞。1991年岡山県芸術顕彰を受賞。1992年第5回シドニー国際ピアノコンクール第4位。1994年第10回チャイコフスキー国際コンクールピアノ部門入賞。1996年から2000年にかけてラフマニノフのピアノ作品全曲演奏会を成し遂げ、2001年にはプロコフィエフのピアノソナタ全曲演奏会を成功させるなど、ロシア作品に積極的に取り組む活動を展開し、ロシア音楽のエキスパートとして高い評価を受ける。1995年、2001年に小澤征爾指揮新日本フィルと協演の他、日本フィル、東京シティフィル、読売日響、九響、関西フィル、山形響、仙台フィル、神奈川フィル、東フィル、芸大フィル、ワルシャワフィル、ポーランド放送響など内外の主要オーケストラ、著名指揮者との協演を重ねる。2004年には小澤征爾指揮サイトウキネンオーケストラのメンバーとしてヨーロッパ6カ国ツアー及び日本公演に参加。これまでにソロアルバムで19枚のCDがリリースされ、2017年6月発売「音楽の玉手箱2~露西亜秘曲集」ほか、その多くが特選盤に推薦されている。現在、カバレフスキーとラフマニノフの全曲録音が進行中。ロシア作品によるリサイタルシリーズを、東京文化会館(「ロシアの玉手箱」)、久世エスパスホール(「ロシアピアニズムの系譜」)にて行っている。東京芸藝術大学准教授。大阪音楽大学特任教授。桜美林大学客員教授。沖縄県立芸術大学非常勤講師。
公式ホームページ http://arimori.info/

●長瀬 賢弘●
小名浜二小、小名浜一中卒業。桐朋学園大学附属子供の為の音楽教室(水戸教室)を経て、1999年東京藝術大学音楽学部付属高等学校を首席で卒業。同大学音楽学部を経、2009年東京藝術大学大学院修士課程を首席で卒業、クロイツァー賞受賞。第23回ピティナピアノコンペティションG級金賞受賞、第74回日本音楽コンクール第2位、岩谷賞(聴衆賞)受賞。第20回イタリア・カラブリア国際ピアノコンクール第3位(2位なし)。他、数々のコンクールで優勝や入賞を果たす。2008年よりロームミュージックファンデーションの奨学生に選ばれる。2006年より2011年まで渡露、モスクワ音楽院にて研鑽を積む。2014年東京藝術大学にて博士号を取得。現在、東京藝術大学、桐朋学園大学附属子供の為の音楽教室、沖縄県立芸術大学、桜美林大学、上野学園大学短期大学部にて非常勤講師を務める。後進の指導に携わる一方、東京や地方都市にてソロや室内楽の演奏活動を精力的に行う。また、おでかけアリオス研究会事業などを通じ、教育現場などでのアウトリーチ活動も積極的に行っている。ロシア音楽、とりわけプロコフィエフの演奏には定評があり、2015年よりプロコフィエフのピアノ作品全曲演奏会を開始。これまで、いわき交響楽団、日立交響楽団、ポーランド国立クラクフ室内管弦楽団、東京フィルハーモニー管弦楽団、東京交響楽団、仙台フィルハーモニー管弦楽団等とピアノ協奏曲を協演。現在までに、故・赤津里佳子、津山博子、堀陽子、平山聡子、故・G.山根美代子、多美智子、M.ヴォスクレセンスキー、有森博の各氏に師事。
公式ホームページ http://nagaseyoshihiro.com

出演有森博
長瀬賢弘
曲目~オール・アレンスキープログラム~
アレンスキー:
組曲 第2番 「シルエット」作品23
組曲 第3番 「変奏曲」作品33
組曲 第5番 「子供の組曲」(カノン形式による)作品65
組曲 第4番 作品62
組曲 第1番 作品15
対象※未就学児入場不可
申込み方法プレイガイド
アリオスチケットセンター(火曜定休)0246-22-5800
※電話番号のおかけ間違いにご注意ください。
WEBサイトからのご予約チケットガイドをご覧ください。
※初日は電話・WEB受付のみとなりますのでお気をつけください。
※1階チケットカウンターでの販売は翌営業日からとなります。

オブリガート
キクヤ楽器 平店
キクヤ楽器 ピアノガーデンいわき
ミューゼ鹿島ショップ
お問合せオブリガート
090-6854-8370
備考主催:オブリガート
後援:ロシア連邦大使館・ロシア連邦交流庁・いわき市教育委員会・福島民報社
    福島民友新聞社・いわき民報社・SEA WAVE FMいわき

本ページを見た方は、以下のページもご覧になっています

      共通フッター

      PAGE TOP

      本サイトの著作権(copyright)