いわきアリオス東口ウォールギャラリー展示
藪野 健 原画展
〜失われた時間と積みかさねた記憶〜

洋画家 藪野健氏のいわき市内の風景のスケッチと、いわき在住フォトグラファー松本誠二氏が撮る同視点の写真。
うつろう時と変化を感じる原画展

  • 藪野健原画展画像
  • 藪野健原画展画像
日時
  • 2018年6月13日(水) 〜 2018年7月2日(月)
    8:30〜22:30
会場本館1階 東口ウォールギャラリー 
料金観覧無料

1997年から、IDKと藪野 健氏との交流が始まり、2012年まで15年間いわきの風景を描いた。失われたもの、残されたもの、このスケッチからいわき在住のフォトグラファー 松本誠二氏が、現在の心象風景として同視点で撮る。うつろう時と変化を感じることができます。

プロフィール

藪野 健(Ken Yabuno)
洋画家、日本藝術院会員、二期会副理事長。
早稲田大学名誉フェロー、名誉教授、維持員。
広島大学名誉博士。府中市美術館館長

撮影:松本誠二(Seiji Matsumoto)
いわき在住フォトグラファー、フォト・セクション主宰、FAPA会員

お問合せアリオスチケットセンター
0246-22-5800(10:00〜20:00 火曜定休)
備考展示協力・構成:IDKいわきデザイン会
        森美術館

本ページを見た方は、以下のページもご覧になっています

      共通フッター

      PAGE TOP

      本サイトの著作権(copyright)