ふくしまFM presents アリオス・ロックフェス
アリロック -mini-
大橋トリオ / ASA-CHANG + ハッピータブラボンゴ会社 / スティーヴ エトウ + Open Reel Ensemble

ゆったり座れて楽しめる上、刺激的で新しく、瞬くビートと美メロが飛び交う新感覚のロックフェス

  • アリロックミニ画像
日時
  • 2010年10月23日(土) 18:00(開場:17:30)
会場中劇場 中劇場客席図(プロセニアム形式 8間)
料金全席自由 4,500円 学生2,500円(3歳以上入場可)

今年1月に引き続き開催する2回目のアリロックは、3組が出演する"mini"バージョン。

いわきが音楽であふれる二日間「いわき街なかコンサート in TAIRA」とのコラボレートで開催 ! 街なかの演奏を楽しんだ後、「アリロック-mini-」で、極上の音楽を堪能してください。

さらにライブハウス club SONIC iwaki では、地元バンドやDJ、「アリロック -mini-」の出演者も参加するアフターパーティー「アリロック-soni-」も開催。

この同時多発ライブイベントを体験するアリ!

プロフィール

アリロッ君が各出演者をビデオで紹介する「予習コーナー」もアリます!
Blog アリロック-mini-「ビデオで予習コーナ〜!」


大橋トリオ(おおはしとりお)
大橋トリオ
4歳よりピアノを習い始める、その他幼いころより家に転がっていた色々な楽器に親しむ。
13歳、ロックへ、ドラムを習い始める。同時にエレキベース、エレキギター、アコースティックギターをバンド等で始める。18歳、Jazzに目覚め、ジャズピアノを学ぶため音楽大学へ進学。在学中あらゆるジャンルの音楽を聴き、音楽の幅を更に広げ作曲を始める。
アコースティック音楽の可能性を模索しつつ、ジャズ、ソウル、ポップス、ロック、AOR、ボサノバなど、すべての音楽をブレンドしたボーカルアルバム『PRETAPORTER』(2007年)、『THIS IS MUSIC』(2008年・第一回CD SHOP準大賞受賞)を大橋トリオとしてリリース。
2008年、大橋好規名義でインストゥルメンタル作品『borderless』リリース。映画音楽家として、2008年公開の映画『ジャージの二人』(中村義洋監督)、2009年5月公開の映画『余命1ヶ月の花嫁』(廣木隆一監督)、2010年1月公開の映画「雷桜」(岡田将生、蒼井優主演=10/22〜全国東宝系公開)の映画音楽を担当。
2009年5月、大橋トリオとしてエイベックス・リズムゾーンよりメジャーデビュー。
2010年11月には大橋トリオ・ニューアルバムリリースの予定。
www.ohashitrio.com

ASA-CHANG + ハッピータブラボンゴ会社
メンバー:ASA-CHANG 、岡村陽一、小椋智子、栗原佑太、清水恒平、辻井雅俊(タブラボンゴ)、ふさこ(Vo) サポートメンバー:カンノケント、村田朋子(タブラボンゴ)

ASA-CHANG(アサチャン)
ASA-CHANG
いわき市出身。高校卒業後、ヘア・メイキャップアーティストを目指して、上京。
渡辺サブロオ氏のアシスタントを経て、SASHU所属のヘア・メイクへ。
80年代中〜後半にかけて、Olive、anan、キューティー等、ファッション誌や、小泉今日子、本木雅弘、山瀬まみ等の当時のカッティング・エッジなアイドル、タレントの仕事を数多く手掛けるも、89年に東京スカパラダイスオーケストラのパーカッション兼バンド・マスターとしてデビュー。その自ら創始した東京スカパラダイスオーケストラがブレイクを果たすが、93年に脱退、フリーランスに。
スカパラ在籍時から、その特異なライブ・パフォーマンス、プレイは注目されていたが、独立後の数々のセッション・ワークにより、ドラマー、パーカッショニストとしてその存在を知られるようになる。
いわゆるラテン・パーカッション系だけでなくインド・アジア系から玩具類、ガラクタ、シンセ音などを散りばめ、楽曲にアプローチする彼独特のプレイスタイルを確立し、ドラマーとしても躍動感のある唯一無二のそのビートは、パワフルさと繊細さを兼ね備え、数多くのアーティストからの信望を集めている。
ポップとアバンギャルドを軽々と行き来する様々な活動は、多くの注目を集めている一方、作曲・アレンジもこなすプロデューサーとしても活躍している。
www.asa-chang.com

ハッピータブラボンゴ会社
ハッピータブラボンゴ会社
ASA-CHANGレッスンから生まれでた奇跡のグループ「ハッピータブラボンゴ会社」
謎の打楽器「タブラボンゴ」と「セミカッチン」から魅惑のグルーブを紡ぎ出す世界で唯一のグループ。
“昭和の事務員”風コスチュームでのパフォーマンスとはウラハラのミステリアスで刺激的な存在。
新しい打楽器アンサンブルの在り方として、今もっともキッチュな解答を叩き出す!
www.myspace.com/happytablabongo

スティーヴ エトウ
スティーヴ エトウ
1958年、筝曲家の衛藤公雄の次男としてロサンゼルスで生まれる。弟は和太鼓奏者のレナード衛藤。1964年来日? 80年代よりバンド活動を始め、爆風銃(バップガン)、PINK、PUGSなどのバンドで活躍。 PUGSはU.S.デビューを果たし、全米ツアーやカレッジ・チャートへのチャートインも。プロとしては小泉今日子のデビューツアーから始まって、藤井尚之、COMPLEX、吉川晃司、三波春夫、三上博史、藤井フミヤ、及川光博、渡辺美里、大黒摩季、堂本 剛、布袋寅泰などさまざまなアーティストをサポート。20年近く活動するデミセミクエーバーやデッチ上げバンドの二枚舌を継続させつつ、自作自演の映像を背負ってのソロ・ライヴも活発。2009年2月22日には、2000平米という広大な空間を持つ横浜大さん橋ホールにて完全ソロ・パフォーマンス「横浜ヒトリエンナーレ」を開催。2010年には「横浜ヒトリエンナーレ」2回目にして、弟の和太鼓奏者レナード衛藤と共演。その模様を収録したCD、ETO兄弟「ALIVE! II」を携えて、リリース・ツアー「GO! NORTH!!」敢行。
www.steve.vc

Open Reel Ensemble(オープン・リール・アンサンブル)
Open Reel Ensemble
時代の表舞台から姿を消した古いオープンリール式のテープレコーダーを改造して楽器に。複数台を使って音楽を奏でるグループ。その場で声や音をテープに録音、リールの回転や動作をコンピュータで制御したり、人力で操作したりすることでオープンリールを演奏する。
メンバー (2009.7〜) :
First Reel:和田永 - Ei Wada (&Concept, Programming, Compose)
Second Reel:佐藤公俊 - Kimitoshi Sato (&Compose)
Third Reel:吉田悠 - Haruka Yoshida (&Per)
Fourth Reel:難波卓己 - Takumi Namba (&Vn)
Bass : 吉田匡 - Masaru Yoshida
crabfeet.blogspot.com

【MC】
平間至(ひらまいたる)
平間至
1963年宮城県塩竃市生まれ。
日本大学芸術学部写真学科を卒業後、ニューヨークに渡り作品制作。帰国後、カメラマンイジマカオル氏のアシスタントを経て1990年独立。以後『ROCKIN’ON JAPAN』、『CUT』など、エディトリアルの写真を出発点に、広告やCDジャケット写真などで幅広く活動。
TOWER RECORDS「NO MUSIC, NO LIFE.」シリーズを手がける。写真集では『捨て猫ミーちゃん』シリーズ(01、02、04年)、『kiss me, kiss me 小池徹平写真集』(06年)、サンボマスター山口隆とのコラボレーション写真詩集『そのぬくもりに用がある』(06年)。近年の写真展では、グループ展「ゼラチンシルバーセッション」(06,07,08年)参加、舞踏家田中泯を故郷塩竃に招き入れて撮影した作品展「田中泯 -場踊り-」(07,08年)がある。また、08年より塩竃フォトフェスティバルをプロデュースし、後進の育成にも力を入れている。2010年1月に開催した、1回目のアリロックでは、MC、スライドトークに加え、自身のバンド「Cheap Purple」でも出演、Deep Purpleの名曲の数々を演奏し、観衆を沸かせた。
www.itarujet.com

矢野真未(やのまみ)
矢野真未
ふくしまFMアナウンサー
愛媛県出身。ふくしまTOWN BEAT(金 16:00〜18:50)にて、いわきアリオス提供の「いわきアリオス・アートジュークボックス」を担当。前回のアリロックでは、自ら場内アナウンスを買って出た、生まれながらのアナウンサー。
www.fmf.co.jp/pc/mamiblog

アリロッ君からのメッセージが届いています。
アリオスのブログサイト「Alios Style」をご覧ください。
Blog「アリロッ君、語る」

出演大橋トリオ
ASA-CHANG + ハッピータブラボンゴ会社
スティーヴ エトウ + Open Reel Ensemble
-MC-
平間至(写真家・アリオスペーパー公式カメラマン)
矢野真未(ふくしまFMアナウンサー)
対象3歳以上有料 ※託児サービス有り
申込み方法プレイガイド

アリオスチケットセンター:0246-22-5800(火曜定休)
※電話のおかけ間違いにご注意ください。
いわきアリオスWEBサイトからのご予約チケットガイドをご覧ください。
※発売初日のチケット予約は、電話・WEBのみの受付となりますのでお気をつけください。
※1階チケットカウンターでの受付は翌営業日からとなります。

チケットぴあ(いわき駅前ラトブ1階):0570-02-9999 Pコード:118-082 t.pia.jp

託児マーク託児サービスのご案内
本公演は託児サービスがあります(無料・先着順)。チケットをご予約の上、10/2(土)までにアリオスチケットセンター(0246-22-5800)にお申込みください。

※club SONIC iwakiに会場を移してのアフターパーティー。
アリロック-soni-詳細
備考
主催:ふくしまFM いわき芸術文化交流館アリオス
協力:いわき街なかコンサート実行委員会 club SONIC iwaki
制作協力:キョードー東北
助成:平成22年度文化庁芸術拠点形成事業

本ページを見た方は、以下のページもご覧になっています

      共通フッター

      PAGE TOP

      本サイトの著作権(copyright)