アリオス ワールドミュージックコレクション2012 琉球の音楽

  • ワールドミュージックコレクション画像
日時
  • 2012年10月6日(土) 17:00(開場:16:15)
会場中劇場 中劇場客席図(プロセニアム形式 8間)
料金全席指定3,500円 大学生以下・車いす席1,500円
おともだチケット10,500円(4枚一組)
※3歳以上有料

「アリオス ワールドミュージックコレクション」は、この地球に生きる様々な民族の音楽、芸術、歴史、生活文化を多角的に紹介してゆくアートイベントです。
4回目となる今年のテーマは、「琉球の音楽」。沖縄本島・宮古・八重山をルーツに持つアーティストを迎えてのコンサートをメインに、一番身近な「異文化」ともいえる沖縄の、奥深く多彩な文化・芸術をたっぷりとご紹介します。

プロフィール


古謝美佐子(こじゃみさこ)
1954年沖縄県嘉手納町生まれ。基地の町に生まれ、幼少の頃から沖縄民謡に親しみ、小学生から舞台に立つ。9歳でレコードデビュー。
1986年より坂本龍一のプロジェクトに参加。1990年から沖縄ポップグループ「ネーネーズ」リーダーとして参加し、6枚のアルバムなどを発表。1995年ネーネーズを脱退、1996年よりソロ活動を再開する。特に伝統的な民謡や情け唄と呼ばれるしっとりとした情感を込めた島うたを得意とする。また、唄以外にも作詞や、三線、琉琴、指笛、三板、太鼓などの楽器演奏もこなす。ソロ活動再開後は、コンサート(唄会)のほか国内海外のミュージシャンとも共演多数。自作詞の「童神(わらびがみ)」は夏川りみ、山本潤子、加藤登紀子など数々の歌手によってカバーされている。

パーシャクラブ
八重山民謡の世界で高い評価を得てきた新良幸人(あらゆきと)と、沖縄屈指のサウンドクリエイターとして活躍していた上地正昭が中心となり、1993年に那覇で結成。1994年にデビューアルバム『新良幸人パーシャクラブ』をリリース。八重山をはじめとした沖縄の民謡の数々や、琉球旋律を取り入れたオリジナル曲を、洋楽の手法で斬新にアレンジした楽曲と、新良のエモーショナルな歌三弦、さらにその融合を支えるグルーヴィなバンドサウンドで、沖縄県内はもとより県外でも高い人気を博している。バンド名の「パーシャ」は、新良の出身地である石垣島・白保地区の言葉で「目立ちたがり屋」の意味。

下地勇
生まれ島・宮古島の方言「ミャークフツ」で綴った歌詞を、ロックやジャズ、ラテン、レゲエなど多様なジャンルの音楽に乗せて歌う、オンリーワンのシンガーソングライター。2002年にデビューシングル「我達(ばんた)が生まり島」をインディーズでリリース。まるで外国語のようにも聞こえる難解なミャークフツを、ボーダーレスなサウンドと自在に組み合わせていくユニークな音楽性、そしてヴォーカル&ギターの力強いパフォーマンスで注目を集め、2005年にはメジャーレーベルから全国デビュー。現在は沖縄本島を拠点に、国内外でライブ活動を展開している。また、ソロのほかにパーシャクラブの新良幸人とのユニット「SAKISHIMA meeting」、BEGINの島袋優とのユニット「シモブクレコード」でも活動中。

サンサナー
数多くの若手沖縄芸能陣の中から選ばれた、才能あふれる女性3人組ユニット。幼い頃から沖縄民謡を歌ってきたユリエがセンターヴォーカルを務め、琉球舞踊で最高賞の腕前のミィキと、県立芸大で沖縄伝統芸能を学んだアーサが、優雅に琉球舞踊を舞いながらサイドを固めるスタイルで、2010年10月のライブイベント「琉球フェスティバル」にて華々しくライブデビュー。その後、2011年2月にミニアルバム『サンサナー』、同年10月に2ndアルバム『サンサナー2(ターチ)』をリリース。沖縄独特の音階とリズムに、ウチナーグチ(沖縄語)の歌詞が絶妙にマッチした、ご機嫌で心地よいポップなサウンドが魅力。なお、ユニット名の「サンサナー」はウチナーグチで「セミ」のことだが、「にぎやかな女の子」という意味もある。

〈関連イベント〉※公演終了
いわきアリオスまちなか連携プロジェクト
 中江裕司監督作品特集上映
会場:ポレポレいわき
9月5日(水)19:00〜21:00「白百合クラブ東京へ行く」
  6日(木)19:00〜21:00「ナビィの恋」
  7日(金)18:30〜19:15 中江裕司監督トークショー
      19:30〜21:00「ホテル・ハイビスカス」
入場料:コンサートチケット提示の方は1本無料。2本目からは500円。
    チケットをお持ちでない方は各回1,000円

出演古謝美佐子 パーシャクラブ 下地勇
申込み方法
プレイガイド 
アリオスチケットセンター:0246-22-5800(火曜定休)
※電話のおかけ間違いにご注意ください。
いわきアリオスWEBサイトからのご予約チケットガイドをご覧ください。
※発売初日のチケット予約は、電話・WEBのみの受付となりますのでお気をつけください。
※1階チケットカウンターでの受付は翌営業日からとなります。

託児マーク託児サービスのご案内
本事業は託児サービスがあります(無料・先着順)。チケットをご予約の上、9/15(土)までにアリオスチケットセンター(0246-22-5800)にお申し込みください。

難聴者支援装置のご案内
本事業では、障がいなどの理由で音が聞こえづらい方のための「難聴者支援装置」をご利用いただけます(予約制・先着順)。ご希望の方は、チケットをご予約の上、アリオスチケットセンターにお問合せください。(ファクス0246−22−8181 電話0246−22−5800)
備考オープニングアクトにサンサナー決定!!
中劇場のメインコンサートに新たな出演者が決定しました!唄三線に琉球舞踊を加えたユニークなパフォーマンスで注目の女性ユニット、サンサナーです。「サンサナー」とはウチナーグチ(沖縄の方言)で「セミ」のこと。同時に「にぎやかな女の子」という意味もあるとか。さわやかでポップな三人娘が、コンサートのオープニングをにぎやかに盛りあげます!

コンサート以外にも一日中アリオスで楽しめるイベントがたくさん!
10:00〜17:00 琉球マーケット(沖縄物産販売等)
会場:平中央公園(雨天時はカンティーネおよび中劇場ホワイエ)

10:00〜12:30 かんから三線づくりワークショップ(要予約)
会場:カンティーネ(本館2階)
講師:山田正孝(沖縄三線工房 ダ スタジオ)
参加費:3,000円(材料費込、小学生以下は要保護者同伴)

13:00〜14:00 三線体験ワークショップ(要予約)
会場:カンティーネ(本館2階)
講師:山田正孝(沖縄三線工房 ダ スタジオ)
参加費:無料(コンサートチケットをお持ちの方対象)

映画「白百合クラブ東京へ行く」特別上映会&中江裕司監督ミニトークショー
14:00〜14:30 中江裕司監督トークショー
14:45〜16:15 映画「白百合クラブ東京へ行く」
会場:いわきアリオス小劇場
入場料:無料(コンサートチケットをお持ちの方対象)

本ページを見た方は、以下のページもご覧になっています

      共通フッター

      PAGE TOP

      本サイトの著作権(copyright)