いわき演劇祭2016 関連公演
SENDAI座☆プロジェクト2016「エルドラド ホテル アメリカーナ」
TV報道クルー達の24時間。

かつて内戦の嵐が吹き荒れたエルサルバドル。戦場のカメラが捉えた表裏の真実。

  • SENDAI座画像
日時
  • 2016年11月6日(日) 14:00(開場:13:30)
会場小劇場 小劇場客席図
料金全席自由/3,000円(当日3,500円) 24歳以下 2,000円 高校生以下 1,000円
シニア(60歳以上) 2,500円(当日3,000円)

出演樋渡宏嗣 戸石みつる 松崎太郎 白鳥英一 剛蔵 野々下孝 飯沼由和 大友直道 板橋俊
深瀬柚 小野寺翔太

※配役の変更(10/26追記)
体調不良等の理由により、配役が変更になりました
スキー役 市川諒→小野寺翔太  キャサリン・モース役 大場有紗→永澤真美
すでに新聞各社で、福島県田村市出身の市川諒の出演が紹介されていますが、残念ながら降板となりました。今後の市川諒の活動にご期待ください。(SENDAI座☆プロジェクト 制作統括 渡部ギュウ)

※なお、今回の変更によるチケットの払戻しはございません
あらすじ眠れない国がある
北米大陸と南米大陸をつなぐ細長い国、エルサルバドル。日本の四国ほどのこの国土には、かつて国民同士が血を血で洗う内戦の嵐が吹き荒れていた。舞台はエルサルバドル首都にある「エルドラド ホテルアメリカーナ」。桃源郷に立つアメリカのシンボルなのか。各国のメディアは競って真実の報道を追っていたが、死の恐怖を伴う脅しと大国の思惑に振り回されていた。アメリカ三大ネットワークの一つ CBS・TV取材班もそのひとつ。彼らは様々な圧力と多方面からの情報操作により、誤報を犯したと糾弾されていた。ジワジワと迫る国家保安隊(死の暗殺部隊)と暴力的な民兵組織の影。そしてレーガン政権下のアメリカ軍の介入……
報道とは何か?葛藤するクルー達の眠れない夜が続いている。

プロフィール

SENDAI座☆プロジェクトとは……
仙台のど真ん中に『劇場』をつくるんだ!を合言葉に、2007年樋渡宏嗣、渡部ギュウが中心となり結成したカンパニー。地域演劇の育成事業として「俳優養成所」「声優塾」「朗読倶楽部」「演劇倶楽部」がある。07年「High Life」、08年「女中たちのボレロ」、09年「マクベス 〜マクベスはサイレンの音を聴いたか」、10年「明日に向かって歌え!!アテルイキャラバン西に向かう」、11年「一二人の怒れる男」、12年「ハイライフ」、13年「僕たちの好きだった革命」「鳴子温泉郷物語タルタロスの足湯」、14年「十二人の怒れる男」、15年「洗い屋稼業」上記作品を南東北、尼崎、名古屋、広島、東京などで公演を行ってきた。ちょっと大人な作品づくりをテーマにしている。

原作/ラファエル・リーマ 翻訳/前山清二 脚色・演出/小林裕
音楽/猪狩太志 舞台美術/小林裕(プラン)、FACTORY・K株式会社(※島次郎から変更)
制作統括/渡部ギュウ

対象※未就学児入場不可
申込み方法プレイガイド
アリオスチケットセンター(火曜定休)0246-22-5800
※電話番号のおかけ間違いにご注意ください。
WEBサイトからのご予約チケットガイドをご覧ください。
※初日は電話・WEB受付のみとなりますのでお気をつけください。
※1階チケットカウンターでの販売は翌営業日からとなります。

託児マーク託児サービスのご案内
本公演は託児サービスがあります(無料・先着順)。チケットをご予約の上、公演3週間前の10/16(日)までにアリオスチケットセンター(0246-22-5800)にお申し込みください。

※当日券は13時より、小劇場前で販売します。
お問合せアリオスチケットセンター
0246-22-5800(毎週火曜定休 10:00〜20:00)
備考主催:SENDAI座☆プロジェクト いわき芸術文化交流館アリオス

本ページを見た方は、以下のページもご覧になっています

      共通フッター

      PAGE TOP

      本サイトの著作権(copyright)