いわきアリオス現代演劇ポスター展
ジャパン・アヴァン ギャルド ーアングラ演劇傑作ポスター展

1960〜1970年代を席巻した「アングラ演劇」の傑作ポスター101点を一挙展示

  • ジャパンアヴァンギャルド画像
日時
  • 2016年5月12日(木) 〜 2016年5月15日(日)
    10:00〜20:00
  • 2016年5月18日(水) 〜 2016年5月22日(日)
    10:00〜20:00
会場小劇場 
料金500円 小学生以下 無料
※会期中も1階 インフォメーションカウンターで販売します
※パスポート制(会期中再入場可)

いわきアリオスオープン以来、ほぼ年に1度開催している「現代演劇ポスター展」を本年も開催いたします。今回は、ポスターハリス・カンパニーの2万点以上所蔵する「現代演劇ポスターコレクション」から厳選された、1960〜1970年代のカウンターカルチャーの一翼を担った、アングラと呼ばれる小劇場演劇の傑作ポスター約100点を展示します。
当時、世界の若者の規制の秩序に対する異議申し立てに同調するように、日本の演劇界でも新劇とはまるで異質な世界を創造することを目指した「小劇場運動(いわゆるアングラ演劇)』が勢いを持ち、寺山修司(天井桟敷)、唐十郎(状況劇場)、鈴木忠志(早稲田小劇場)、佐藤信(黒テント)、串田和美(自由劇場)らがそれまでにない実験的な舞台を繰り広げていきました。
そして、舞台と相乗効果をもたらしたユニークなヴィジュアル表現で観客の心を揺さぶったのが、各劇団の旗印として登場したポスターの数々です。
このアングラ演劇のポスター群には、横尾忠則をはじめとして、粟津潔、赤瀬川原平、宇野亜喜良、金子國義、篠原勝之、平野甲賀、及部克人、串田光弘、及川正通、榎本了壱、花輪和一、林静一、合田佐和子、戸田ツトムなど、名だたるアーティストがかかわっています。
ポスター1枚に舞台のトータルイメージが凝縮され、時には、そのヴィジュアル自体が舞台の演出にまで影響を与え、先導する役割をも担いました。
単なる公演告知のポスターの枠を超え、アングラ演劇の軌跡を鮮やかに示すとともに、時代を鋭く切り取り、その発するメッセージは時代を超え今も輝き続けています。まさに、1920年代の「ロシア・アヴァンギャルド」のポスター群を凌駕する日本のポスターの傑作群=「ジャパン・アヴァンギャルド」と言えるでしょう。世界にも類を見ない特異な芸術作品としてはもちろん、「時代の証言者」としても重要な位置を占めるこれらのポスター群を、ぜひご覧ください。

いわきアリオス現代演劇ポスター展 開催記念
ジャパン・アヴァンギャルド クロージング・ギャラリートーク

5月22日(日)14:00〜16:00 小劇場
参加費:無料(事前申込不要)※ポスター展のチケットをお持ちの方対象
お話:笹目浩之(寺山修司記念館副館長/ポスターハリス・カンパニー代表)

いわきアリオス現代演劇ポスター展 関連企画
ジャパン・アヴァンギャルド オープニング・ギャラリートーク(終了しました)

5月11日(水)18:30〜19:30 小劇場
参加費:無料(要事前申込) ※ポスター展のチケットをお持ちの方対象
定員:20名
お話:笹目浩之(寺山修司記念館副館長/ポスターハリス・カンパニー代表)

申込み方法プレイガイド
アリオスチケットセンター(火曜定休)0246-22-5800
※電話番号のおかけ間違いにご注意ください。
お問合せアリオスチケットセンター
0246-22-5800(毎週火曜定休 10:00〜20:00)

本ページを見た方は、以下のページもご覧になっています

      共通フッター

      PAGE TOP

      本サイトの著作権(copyright)