Alios plants!
アートおどろく いわき復興モヤモヤ会議

11/6日曜日は、アイデアの大相談会!

  • アートおどろく いわき復興モヤモヤ会議
日時
  • 2011年11月6日(日) 14:00〜17:00(開場:13:30)
会場本館2階 カンティーネ 
料金参加費:無料(要申込み)

 アリオス・プランツ!はアイデア以前の想い(モヤモヤ)を共有し、そこから立ち上がるアイデアを実際にやってみることで、まちや人に活動を連鎖させていこうとする会議です。

 今年度3回目となる今回は、多彩なゲストによる事例の紹介と、経験豊富なコメンテーターと共に車座で話しあうディスカッションの2部構成で開催します。

 未来に対するモヤモヤした想いを皆で共有し、この土地で少しでも明るい未来を築くためのアイデアを探求しましょう!

プロフィール


上田 假奈代(うえだ かなよ)

詩人、詩業家
1969年生まれ。3歳より詩作、17歳から朗読をはじめる。異ジャンルとのコラボレーションやトイレ連込み朗読など、独自のリーディングスタイルを展開。こども、障がい者や高齢者など、さまざまな人たちとの詩のワークショップに取り組む。01年「詩業家宣言」を行い、全国で活動をつづける。03年新世界フェスティバルゲートでココルームをたちあげ、04年NPO法人こえとことばとこころの部屋設立。08年大阪市西成区・釜ヶ崎の商店街に拠点を移し、インフォショップカフェを運営。09年向かいに「カマン!メディアセンター」、11年地域内のマンションの管理と一階共有スペースに「えんがわ茶屋こころぎ」を開始。表現を通じて、ゆるやかに「自律と創造」の力をたかめ、新しい自治のあり方をさぐる。
大阪市立大学都市研究プラザ研究員、NPO法人こえとことばとこころの部屋(ココルーム)代表

こえとことばとこころの部屋ココルーム

藤 浩志(ふじ ひろし)
藤浩志企画制作室代表、素描家、美術作家
既存の美術家の概念を超えて、違和感と向き合い、もやもやからイメージを立ち上げることをテーマに、地域計画・空間制作・素描・ワークショップ・アートプロジェクトなどを活動のフィールドとしている。いわきでは街とアリオスを連結する装置として「かえっこバザール」や「アリオス・プランツ!」を考案。「地域資源・適性技術・協力関係」を重視し「対話と地域実験」によりイメージを導き出し活動の連鎖を促す表現手法を用いる。

藤浩志企画制作室

吉本光宏(よしもとみつひろ)
ニッセイ基礎研究所 主席研究員 芸術文化プロジェクト室長
東京オペラシティ、世田谷パブリックシアター、いわき芸術文化交流館アリオス等の文化施設開発や東京国際フォーラムアートワーク整備事業、電通新社屋 アートワークプロジェクトなどのコンサルタントとして活躍する他、文化政策や公立劇場・ホールの運営・評価、クリエイティブシティ、アートNPO、アウトリーチ、メセナなど、アートマネジメント分野の幅広い調査研究に取り組む。現在、文化審議会文化政策部会委員、東京芸術文化評議会専門委員、(社)企業メセナ協議会理事など

出演〔ゲスト〕
 上田假奈代
 (詩人、NPO法人こえとことばとこころの部屋 ココルーム代表)

〔レギュラーコメンテーター〕
 藤浩志(美術家)
 吉本光宏(ニッセイ基礎研究所 主席研究員 芸術文化プロジェクト室長)
内容 前半は、ゲストによるトーク。日雇い労働者たちの街、大阪市西成区「釜ヶ崎」で、「インフォショップ・カフェ ココルーム」を運営する、詩人 上田假奈代さんに、ココルームの日々を語っていただきます。

 また、地元いわきからは、中之作で取り壊しの続く古民家を少しでも残そうという「中之作古民家プロジェクト」を始めた、豊田善幸さん、いわきを少しでも楽しい場所にしようと一昨年この「アリオス・プランツ!」から生まれた「アリオス・パークフェス」の代表、湯淺端樹さんに未来への想いを伺います。

 後半は、みんなでワイワイしゃべる「フリーディスカッション」です。飲み物片手に街の未来を語り合います。ゲストやコメンテーターを交えての車座会議。題して「11/6日曜日は、アイデアの大相談会!」… 自動車ディーラーのCMのようでもありますが…

 面白いアイデアを持っていてもいなくても、モヤモヤした想いだけぶら下げて、アリオスに遊びに来てください!

 モヤモヤ会議の模様は、ユーストリームでも中継します。(リンクはページ下部をご覧ください)

--

〔前半〕
トーク:「ココルームの日々」(上田假奈代さん)
プレゼン:中之作古民家プロジェクト(豊田善幸さん)、アリオス・パークフェス(湯淺端樹さん)

〔後半〕
フリーディスカッション「アイデアの大相談会!」
交流タイム
対象高校生以上 定員:50名
申込み方法お電話にてお申込みください。

アリオスチケットセンター:0246-22-5800
(10:00〜20:00 毎週火曜定休です)
※電話番号のおかけ間違いにご注意ください。
※この催しはWEBサイトからの受付を行っていません。予めご了承ください。
備考
Alios plants!
美術家藤浩志の提案により、公立文化施設の可能性を広げる仕組みとして始まった、市民による企画会議。アリオス開館の2008年に始まり「アリオス・パークフェス」「かえっこバザール」「いわきぼうけん映画祭」などの企画を生んでいる。

本ページを見た方は、以下のページもご覧になっています

      共通フッター

      PAGE TOP

      本サイトの著作権(copyright)